乳頭混乱がめちゃくちゃ辛かったので、当時の自分に言いたいことをまとめてみた。

乳頭混乱がめちゃくちゃ辛かったので、当時の自分に言いたいことをまとめてみた。

こんにちは。ヨメちゃん(さきち)です。

 

今回はおっぱいシリーズ第二弾です。(なんかこの言い方怪しい…笑)

【関連記事】【歓喜】扁平乳頭でも直母できた!乳頭保護器をやめるまでの戦い全記録。

乳頭混乱
この記事でも書いていたように、ヨメちゃんは、自分の乳首が扁平乳頭気味でした。

そのため、赤ちゃんに直接自分のおっぱいから母乳を飲ませることができず、ニップルと言うものを使っていました。それと、最初から母乳とミルクの混合だったため、娘は早くから哺乳瓶の乳首に慣れていました。

 

赤ちゃんが成長して、飲むミルクの量が増えるにつれて、母乳よりも哺乳瓶から飲むミルクの方を好むようになりました。

 

それでも、「自分のおっぱいから母乳をあげたい」と言うこだわりが強かったため、母乳を直接あげることをなかなか諦めることができませんでした。

 




乳頭混乱が起きた

乳頭混乱とは

赤ちゃんが哺乳瓶を好み、おっぱいや乳首を吸うことを嫌がることを言います。

 

混合育児を始めてしばらく経った頃、自分のおっぱいから、直接赤ちゃんに母乳をあげることができるようになりました。しかし、娘が病気だったことから、娘の体重を増やすことを最優先として、母乳をあげた後に必ずミルクをあげていました。

すると、だんだんとおっぱいよりも、簡単に飲めるミルクを好むようになりました。

そして、ついにわたしのおっぱいを拒否するようになってしまいました。

 

まさしく乳頭混乱状態。

乳頭混乱

乳頭混乱はいけないの?

ママにとっては、この「おっぱいを拒否される」という行為が”ママ失格”の烙印を押されたようで、とても辛かったです。

自分の乳首を近づけるだけで泣いてしまう娘。

ムキになって、自分のおっぱいを吸わせようとする日々が続きました。

 

赤ちゃんには何の罪もないのに、自分のこだわりのせいで、限られた授乳時間を辛いものにしてしまいました。

 

今思えば、楽なミルク育児に移行してもよかったなぁと思います。

でも当時は、「母乳が良い」と言う思い込みにとらわれすぎていて、完全ミルクにするということが出来ませんでした。今なら、そんなに母乳にこだわらないで!と声をかけてあげたいです。

 

乳頭混乱を克服するために

・そのときはミルクをあげて、落ち着いてから再度挑戦!

(ミルクを40mlくらいあげる→乳首に近づけてみる→ダメならあきらめる)

・夜だと素直に吸ってくれることが多いので、夜にまた直接あげてみる。

・無理矢理おっぱいを突っ込む

なんかもう必死すぎて痛々しいですね。

でも本当に、自分なりに精いっぱいやってたんだなぁと思います。

 

上記のようなことを繰り返すと2日くらいで、また母乳を飲むようにはなりました。

でも、哺乳瓶も絶え間なく使っているので、また同じことの繰り返しになってしまいました。

 

辛いこともあったし、決して幸せな授乳の時期だったとは言えないけれど…「母乳をあげる」と言う経験をさせてくれた娘にはとても感謝しています。

 

●●●
ヨメちゃん

ありがとうね!




まとめ

もし今、乳頭混乱を起こしてしまった赤ちゃんにどうしても母乳を与えたいと思っているお母さんがいたら、「ミルクでも大丈夫だよ」と声をかけてあげたいです。

でも、自分が母乳をあげたいと思うのであれば

自分の思う通りにやっていいと思います。

私も乳頭混乱を起こして泣いている娘を目の前にしてもなお、母乳をあげることを諦めきれなかったからです。

気持ち、わかります。

 

乳頭混乱

 

だけど選択肢として、「つらいならミルクにする事は全然悪くないんだ」と言うことを理解していてほしいです。

そして同じように苦労した人間がいるよ!と言うことを知ってもらえたらな、と思います。

 

今が辛くても、ミルクを卒業する時おっぱいを卒業するときは必ず来ます。

だからお母さんの思う通りにやってみてください。

それでいいと思います。

 

 

 

どうか気楽に。そして、孤独にならずに辛ければSOSを発信してくださいね。