【コツがあるよ!】小さな赤ちゃんに粉薬を飲ませる方法について紹介します。

【コツがあるよ!】小さな赤ちゃんに粉薬を飲ませる方法について紹介します。

こんにちは。ヨメちゃんです。

今回は、お問い合わせをいただいた「小さな赤ちゃんに薬を飲ませる方法」について書きたいと思います。

赤ちゃんに薬を飲ませるって…思いのほか大変ですよね。

うまく口を開けてくれなかったり

口から出してしまったり。

 

どうやって飲ませたらいいのか戸惑うパパやママも多いかもしれません。

うちの娘は、病気のため生後10日から利尿剤を服用していました。

(現在は飲んでいませんが、1歳7ヶ月になるまで飲んでいました)

【関連記事】

我が子に心雑音?生後10日で【心室中隔欠損症】と診断された娘の話

娘が心室中隔欠損症。自然閉鎖は?1歳7ヶ月現在の経過をまとめてみました。

 

そこで今回は、ヨメちゃんなりに「赤ちゃんに薬をあげるときに工夫していた方法」を書いてみたいと思います。

 

ではスタート。




新生児から離乳食期までの赤ちゃん

口の中に直接入れる方法

まだ母乳かミルクしか口にできない赤ちゃんには、薬を水に溶いて口の中に直接入れる方法があります。

これは1番初めに薬をもらう時、薬剤師さんから教えてもらった方法です。

 

まず小さな小皿を用意します。

小皿はできるだけ平らな方が良いです。

なぜかと言うと…水で溶いた薬を、指ですくう時に平らな方がすくいやすいからです。

家で使っていた小皿はこんな感じのものです↓

赤ちゃんに薬を飲ませる

(別にみかんはいらない…(笑))

豆皿って感じのお皿です。

 

ここに薬を出します。

娘にあげてた薬はこんなの↓です。

量はそれほど多くはないです。

赤ちゃんに薬を飲ませる方法

\薬を出しました/

赤ちゃんに薬を飲ませる方法

 

そして水を指で数滴垂らします。

スプーンとか使ってもいいけど、指が水量を一番調整できます

こんな感じね。

赤ちゃんに薬を飲ませる方法

この時、ピシャッとたくさんの水をかけないようにしてください。

指ですくうことができなくなってしまいます。

 

指でこねて、形が残るような程度の硬さが1番良いです。

こんな感じにしてね!

赤ちゃんに薬を飲ませる方法

 

そうしたら薬を指に取ります。ヨメちゃんは小指に取っていました。

(小指が一番細いし、赤ちゃんの口に入れやすいので)

赤ちゃんに薬を飲ませる方法

ここまでくればもう一息!!!!

思い切って赤ちゃんの口の中に指を入れて、薬を上顎にくっつけます。

 

後は、赤ちゃんが薬をきちんと飲めたかどうか確認します。

 

おしまい。

ミルクに混ぜる方法

母乳だけじゃなく、ミルクも飲んでいる場合にできる方法です。

ミルクを少量を哺乳瓶に作ります。薬を哺乳瓶に入れ、混ぜます。

 

ミルクの量は、赤ちゃんが一度に必ず飲みきれる量にします。

 

そうしないと、薬の飲み残しが出てしまうからです。

ヨメちゃんは、少し面倒ですが薬用のミルクと食事用のミルクを別に作って、先に薬用のミルクをあげてから食事用のミルクをあげていました。

そうすることで薬の飲み残しを防いでいました。

 

離乳食期以降の赤ちゃん

赤ちゃんが離乳食を食べるようになってくれば、いろいろな食材に薬を混ぜてあげることができるようになります。

ヨメちゃんの家では、バナナにふりかけてあげたり、ヨーグルトに混ぜてあげたり。

 

なんとなく薬と相性が良さそうなものをチョイスして混ぜてあげていました。

この頃になると、スプーンも使えるようになるので…薬をあげるのがだいぶ楽になると思います。

 

まとめ

と言うわけで今回は、赤ちゃんに薬を上げる方法とコツを紹介してみました。

薬の量がとても多い場合や、何種類もある場合は、違う方法の方が良い場合もあるかもしれません。

心配な時は薬剤師さんに聞いてみて下さいね!

 

あわせてよみたい▼

【里帰りしない・できない出産】産後の不安を解消するブログ。無理はしちゃだめ、絶対。

いつになったら子育てって楽になる?いま暗いトンネルの中にいるママへ。

【これがリアル】出産翌日に書いた初産で安産。スピード出産レポート

 

 

参考になれば嬉しいです。ではまたね。